【校章について】
校章についての正確な記録は見つかりませんが,戦後まもなく制定されたようです。「高田小」の文字を取り囲む花は「キキョウ」の花のようです。
「キキョウ」は「妙義町(現富岡市)の花」でした。また,戦国時代にこの地域に居城を構えた武将「高田小次郎」の家紋が「キキョウ」だそうです。さらに,この地域は「キキョウの里」と言われていたそうです。
このような歴史から,本校の校章は「キキョウ」の花を図案化したと考えられます。

  

 現住所 群馬県富岡市妙義町下高田1552番地1
TEL   (0274)73-2050   

FAX     (0274)73-7005

 

R3いじめ防止基本方針.pdf 

 
本校Webページに関する一切の無断での使用、コピーおよび転用を禁止します。

 

 

お知らせ

高田小 新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン(R3.05.06) .pdf

☆新型コロナウイルス感染にかかわる諸情報や風評等により、感染者やその家族等の人権が侵害されるようなことが起こらないよう、保護者の皆様に引き続き御協力をお願いいたします。

  

読書記録カード「よみ★読みチャレンジ 2020&20」必要に応じて印刷して使用してください。  

 

 

 

  

児童・行事等の様子

子どもたちのようす

1学期終業式

 7月20日、1学期の終業式は感染症および熱中症対策で、校長室から各教室へオンライン配信しました。児童集会を含めると、5回目のオンライン配信です。

 校長の話の中で学年代表委員が、自分たちで決めた7・8月の生活目標「自分たちができるSDGsに取り組もう(SDGsチャレンジをしよう)」に関連して夏休みに取り組むこと(取り組みたいこと)を発表しました。

「エコバッグを利用する」「水を出したままにしない」「ティッシュを無駄遣いしない」「使っていない部屋の電気を消す」「ペットボトルキャップリサイクル」「短くなったえんぴつをつなげて利用する」などそれぞれ自分が考えたことを発表しました。

校長の話 1学期のふりかえり学級代表委員が自分が考えたSDGsで取り組めそうなことを発表発表後、児童玄関前で集合写真

外国語科の様子(6年)

5・6年生は令和2年度から外国語(英語)を教科として学習しています。授業は、妙義中から外国語専科の教諭に来ていただき、週2時間行います。1時間は外国語専科の教諭・ALT2名で授業を行い、もう1時間は外国語専科の教諭・外国語活動支援員で授業が行われています。

 7月8日(木)の6年生の外国語は次の内容でした。

Unit3 Let's go to Italy ~おすすめの国を紹介しよう~

児童一人一人が各自のタブレットを使って作成したスライドを、画面共有しながら発表しました。タブレットでスライドを作成する際には、担任や情報主任が協力しました。

発表では児童一人一人が、Webサイトから見つけた画像をYou can see~.やYou can enjoy ~.のターゲットセンテンスを上手に使いながら説明して、自分が行きたい国について発表することができました。

今後も各教科でタブレットを活用しながら子供達の学びを深めていければと考えています。

発表前の練習の様子 ALTや友達と発音など最終確認 Practicing before the presentation with ALTs and friends発表の様子1 Presentation1発表の様子2 Presentation2

ALTの二人に英訳してもらったものはこちら↓

Foreign Language Course (Grade 6)

Grade 5 and Grade 6 have seen studying a foreign language (English) as a subject since the second year of Reiwa. Arai Sensei is a foreign language teacher from Myogi Junior High School. English classes are held two times a week- on Tuesday with Arai Sensei and Okudaira Sensei and on Thursday, with the 2 ALTs.

July 8 (Thursday) Grade 6 English Lesson:
Unit 3 Let’s Go to Italy (Goal: Let’s introduce our recommended country.)
Every student gave a presentation using slides created in his/her tablet while sharing the screen. Arai Sensei and Satou Sensei worked together in helping students create slides on the tablet.

In the presentation, students showed images found on the website. They were able to say the country they want to go using the target expressions “You can see ---. You can enjoy---.”
I would like to continue to deepen children’s learning while utilizing tablets in each subject.

 

外国語活動の様子(3・4年)

今年度から2名のALT(エスタニョール・エリック先生・ドラド・ジェリック先生)に英語の授業でお世話になっています。3・4年の授業では、この2名のALT、外国語活動支援員、教諭の合計4名の教員で授業が行われています。

 7月7日(水)の3・4年生の外国語活動は次の内容でした。

3年 Unit4 I like blue. Today’s Goal(好きな色やスポーツを伝えよう)

4年 Unit4 What time is it ?  Today’s Goal(日課の言い方を知ろう)

 全員の前で指示を出す先生と、子供に寄り添って活動を促したり分からないことをアドバイスしたりする先生で4名の先生方が連携して活動が行われています。3年生も4年生も英語での説明を理解して、どんどん自分から活動をしていました。子供達は英語のシャワーをたっぷり浴びる1時間でした。

3年 色 言い方を練習 Grade3:Practicing how to say colors4年 ゲームでで覚えた日課を発表 Grade4: Saying daily routine through typhoon and tsunami game4年 授業の最後のふりかえりを確認 Checking the reflection after the lesson

 ALTの二人に英訳してもらったものはこちら ↓

Foreign Language Activities (Grade 3 and Grade 4)

From this year, two ALTs (Mr. Eric Estanol and Mr. Jerick Dorado) will teach in Takata Elementary School. In Grade 3 and Grade 4 classes, these two ALTs hold foreign language activities. Classes are conducted by a total of four faculty members, including support staff and main teacher.

The foreign language activities of the Grade 3 and Grade 4 students held on July 7th (Wednesday) were:
Grade 3 – Unit 4: I like blue. (Today’s Goal: I can say the color that I like.)
Grade 4 – Unit 4: What time is it? (Today’s Goal: I can say different time in English.)

The four teachers worked together to provide necessary support, give instructions and help students communicate through fun learning activities. Grade 3 and Grade 4 students understood the instructions and actively participated in class. The students were given many opportunities to learn English in an hour.

 

6年生による読み聞かせ(縦割り班活動)

 7月8日(木)朝活動で6年生による読み聞かせがありました。

 縦割り班ごとに決められたクラスに集合して、6年生の読み聞かせが始まりました。選んだ本や読み方に工夫があり、話を聞いている子ども達は、お話の世界に引き込まれていました。

租税教室(6年)

 7月7日3時間目に、富岡行政県税事務所より講師の先生をお招きして、租税教室(6年)が行われました。

社会科の学習で学習した知識を生かして講師の先生が出すクイズに答えたり、ジュラルミンケースに入ったレプリカのお札をもってみたりして、楽しみながら税金の使いみち、税金の大切さについて学ぶことが出来ました。

税金に関するクイズに答える様子ジェラルミンケースに入ったレプリカのお札を一人一人もってみました

 

学校評議員さん来校

7月1日に、学校評議員会が行われました。

会議に先立ち、各教室での授業を見学いただきました。

1年 算数  ひきざん

2年 体育  ボール遊び運動

3年 道徳  いただきます

4年 理科  1学期のまとめ

5年 国語  カレーライス

6年 外国語 Let's go to Italy.

タブレットを使った授業や、ALT2人・中学校からの英語専科の教諭・6年担任による外国語の授業などを見ていただきました。

 .

 

オンラインで保健集会

 7月2日に、保健集会がオンラインで行われました。いつもは「学校保健委員会」として学校医の先生やPTA役員に来ていただき行っています。しかし今回は感染症対策として学校医の先生やPTA役員はお呼びせず、Google Meetを使い、保健室から各教室に配信する方法をとりました。

 感染症予防のために、食生活を取り上げ「免疫力を高める食べ物は?」をテーマに調べ、発表しました。

 まず、免疫力を高める食べ物を調べたところ、野菜が大事だと分かったそうです。しかし、野菜を苦手に思っている友達もいることから、次に「好きな野菜・苦手な野菜」についてアンケートをとりました。そのアンケート結果に基づき、それぞれの野菜の良いところを調べて発表しました。さらに免疫力をアップするビタミンA・C・E(ビタミンACE(エース))がたくさん入っている野菜を紹介し、野菜を苦手に思っていてもチャレンジしてもらいたいというメッセージを発信しました。

 低学年の児童にもわかりやすく伝えるために、うちわやマントに野菜をプリントしたり、野菜の着ぐるみを着たりして、子供たちが表現力豊かに、協力して一つのことを成し遂げる力を十分発揮した集会でした。

【保健室で発表する保健委員】

【教室で発表をみる子ども達】

 

第1回なかよし集会(じゃんけんボーリング)

 25日の朝活動は、縦割り班でじゃんけんボーリングを行いました。

 高学年の学年代表が司会をし、ゲームの説明をしてくれました。 

 チームは6つある縦割り班が1,2,3班と4,5,6班に分かれて、先攻と後攻になります。

 先攻組は、スタートラインに立ち、最初に守備チームの1・2年生とじゃんけん。勝ったら前に進んで、3・4年生とじゃんけん。さらに勝ったら、5年生とじゃんけん。最後に、王様(今日は校長)に勝てたら、宝物(サッカーボール)をゲット!!ただし負けたらスタートラインに戻ってやり直します。制限時間内にいくつ宝物を集められるかを競います。

 係の高学年が分かりやすく見本を見せてくれました。見ている子供達はやりたくてうずうずしている様子が伝わります。いよいよゲーム開始!6年生が1年生のめんどうを見てくれたので、1年生も迷うことなくスムーズにゲームに参加できました。

 校庭中に笑顔があふれた素敵な時間になりました。

高学年の学級代表によるゲームの説明じゃんけんスタート!!勝てたら次へ、負けたら最初へ

じゃんけんする手にも力が入ります。最後に王様とじゃんけん王様に勝てたら宝物(サッカーボール)ゲット!!

 

 

縦割り班ドッジボール 

 6月22日、朝の活動として縦割り班活動のドッジボールを行いました。今年度に入って初めての縦割り班による体育活動です。

 体育委員を中心にコートやボールを用意し、3ヶ所でドッジボールを行いました。高学年が低学年のめんどうを見ながらリーダーシップを発揮していました。終わってから低学年の児童が「あ~、楽しかったあ!!」と言いながら教室に帰っていったのが印象的でした。

 感染症対策をしながらも、

(たのしく)子供達が楽しみながら 

(かしこく)役割を果たし協力しながら 

(たくましく)おもいきり体を動かしながら

活動できるよう、活動内容を子供達と一緒に考えていきたいです。

体育委員が進行します

めぶきの森こども園に行こう(2年)

 6月21日(月)3,4時間目に、2年生が高田小校区内にある幼保連携型認定こども園「めぶきの森」へ生活科の学習でうかがいました。

 この園出身の児童が多く、久しぶりにこども園の先生や友達に会えて、玄関で大喜び。その後、園内を案内いただきました。子供達は、後の学習で使えるように、タブレットで施設の様子を写真に収めました。

 次に、国語の学習「スイミー」の劇を園児に見てもらいました。始める前はとても緊張していましたが、見てくれている人たちにスイミーの素晴らしさが伝わるように一人一人が工夫をして役を務め、最高の劇をすることが出来ました。

 最後に、園庭で汗をかくまで、たくさん遊ばせていただきました。2年生の子供達は、新たな発見があったり、自分たちの頑張りを見てもらったり出来て、充実した2時間を過ごすことが出来ました。

 今後も、小小連携、小中連携と同様に、幼小連携も、色々な活動で図れたらと考えています。

園内の施設を写真撮影園児の前で、劇「スイミー」の発表大きな声で台詞を言うことが出来ました

スイミーがかくれている赤い魚に声をかけるシーンこども園の先生に、知りたいことを質問園庭で遊ばせてもらいました