【校章について】
校章についての正確な記録は見つかりませんが,戦後まもなく制定されたようです。「高田小」の文字を取り囲む花は「キキョウ」の花のようです。
「キキョウ」は「妙義町(現富岡市)の花」でした。また,戦国時代にこの地域に居城を構えた武将「高田小次郎」の家紋が「キキョウ」だそうです。さらに,この地域は「キキョウの里」と言われていたそうです。
このような歴史から,本校の校章は「キキョウ」の花を図案化したと考えられます。

  

 現住所 群馬県富岡市妙義町下高田1552番地1
TEL   (0274)73-2050   

FAX     (0274)73-7005

富岡市立高田小学校いじめ防止基本方針.pdf 

 

 
本校Webページに関する一切の無断での使用、コピーおよび転用を禁止します。

 

 

お知らせ

高田小 新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン11.01.pdf
☆新型コロナウイルス感染にかかわる諸情報や風評等により、感染者やその家族等の人権が侵害されるようなことが起こらないよう、保護者の皆様に引き続き御協力をお願いいたします。

  

読書記録カード「よみ★読みチャレンジ 2020&20」必要に応じて印刷して使用してください。  

NEW保健室  「朝の健康観察記録カード3・4月」

 

 

  

児童・行事等の様子

子どもたちのようす

昔のくらしと道具(3年)

3年生の社会科で「昔のくらしと道具」を学習しています。担任が準備した昔の道具を見たり、触れたりして貴重な体験をしました。子どもたちは、昔の道具やそれらを使っていたころの生活の様子について興味をもって取り組んでいました。

  

ブックトーク(5年)

2月25日、5年生を対象に図書室事務員によるブックトークが行われました。ブックトークとは、あるテーマに沿った数冊の本を順序よく紹介して、読書の楽しさを伝える活動です。今回は、「時間」というテーマで様々な本が紹介されました。どの本も面白そうな本だったので、子どもたちは興味をもって聞いていました。

  

学校評議員会

2月18日、学校評議員会を開催しました。子どもたちの様子を参観していただいたり、学校評価の集計を基にこの1年間の高田小学校の教育活動について評価・助言をしたりしていただきました。今回出された意見を基に、今後さらに教育活動を充実させていきたいと考えています。評議員の皆様には、お忙しい中ご出席いただきありがとうございました。また、1年間、たいへんお世話になりました。

「SOSの出し方」の授業

2月18日、5年生と6年生を対象に「SOSの出し方」の授業を養護教諭、スクールカウンセラー、心の教室相談員によるティーム・ティーチングで行いました。「SOSの出し方教育」とは、イライラしたり、不安になったり、悩んだりといったいろいろな心の変化や、けんかやいじめ、虐待など周囲の人との関係の問題などでつらい時や苦しい時に、自分を傷つけてしまったり、周囲の人を傷つけてしまったりということがなく、自分を大切にする方法を学ぶ授業です。
授業を通して、自分がかけがえのない大切な存在であることに気付くとともに、ストレスへの様々な対処方法を理解し、現在起きている危機的状況、又は今後起こり得る危機的状況に対応するための援助希求について考えることができたようです。困ったときは、周りの仲間や大人を頼って、大切な自分を守っていきましょう。

   

市読書感想画展

3月5日まで富岡市の各小学校の児童が描いた読書感想画の入選作品のコピーが、3階の家庭科室前に掲示されています。例年ですと、市内の各校で巡回して原画を掲示して「読書感想画展」を行っていますが、今年度はコロナ禍ため、入選作品のコピーを展示しています。本校児童4名の作品も展示されています。

   

クラブ活動見学(3年生)

2月10日の第6校時、3年生がクラブ活動見学を行いました。
英語クラブ、家庭科クラブ、パソコンクラブ、図工クラブ、スポーツクラブの5つを見学しました。体験させてもらえるクラブもあり、子どもたちは、4年生になったらどのクラブに所属しようか考えながら参加していました。
4年生になってからのクラブ活動をとても楽しみにしている様子でした。