児童・行事等の様子

2020年11月の記事一覧

給食(群馬の食材無償提供の日:和牛)

11月27日の給食はすきやき煮でした。すきやき煮に入っている牛肉は、群馬県産の「和牛」です。この牛肉は群馬県から無償(無料)で提供されています。新型コロナウイルスの流行で、飲食店に行く人が減って、肉などの食材が使われないまま残っています。その肉を無駄にしないように、学校給食で、無料で使わせてもらっています。児童は、適度に脂がのった牛肉のうまみをを味わって食べていました。

   

マーチング演奏発表会

11月27日の業前活動の時間に、5・6年生によるマーチング演奏の発表会が行われました。例年ですと、運動会の際に演奏を行っていましたが、今年度は運動会が中止となったため、フリーデーの日に発表の場を設け、保護者の皆様にも見ていただくようにしました。児童は、日頃から休み時間等の限られた時間を使って自主的に練習していました。その練習の成果を発揮して、見事な演奏を披露することができました。

   

   

     

子ども見守り支援事業(防犯パトロール)~地域づくり協議会~


妙義地区地域づくり協議会の事業の一環として、毎年子どもたちが安全に安心して下校できるように子ども見守り支援事業(防犯パトロール)が実施されています。今年度は、地域づくり協議会の運営委員の皆様に加えて、民生委員・児童委員の皆様にもご協力いただいております。11月から3月にかけて毎週木曜日の下校時に通学路の2ヶ所に立って見守っていただいています。ご協力に感謝いたします。

 

2・3組 道徳

11月19日の3校時に校内研修の研究授業として2・3組の道徳の授業がありました。今回は3組の担任が授業を行いました。「いつもきちんと」という主題で節度・節制について考えました。子どもたちは「いつもきちんとするとよいのは、なぜか。」について真剣に考えていました。

 

3年 道徳

11月18日の5校時に校内研修の研究授業として3年生の道徳の授業がありました。今回の授業は担任に代わって教務主任が授業を行いました。「お日さまの心で」という主題で公正、公平について考えました。子どもたちは「だれとでも仲良くできるために大切な心は何か」について、友達の発表や動作化を通して、多面的・多角的に考えたり、自分事として考えたりすることができました。

  

3年 学校キャラバン2020(座繰り体験)

11月17日、富岡製糸場世界遺産伝道師協会の「学校キャラバン2020」が行われました。5名の伝道師の方に来校していただき、子どもたちは世界遺産についての話を聞いた後、繭から糸を取る座繰りを体験しました。子どもたちは貴重な体験を通して、様々なことを学びました。

  

2年 道徳

11月16日の3校時に校内研修の研究授業として2年生の道徳の授業がありました。「三べん かんがえて」という主題で節度・節制について考えました。子どもたちは「お金や物の使い方」について考え、自分の考えをワークシートにしっかりと書いて発表していました。